【1.下肢長差の調整】

 

 

 本院では、体のバランスを知る指標の一つとして、下肢長検査(左右の足の長さの検査)を必ず実施します。

 下肢長差は 、体の退行性変性、生体力学的不安定性、姿勢の歪み、筋系の反応、その他の総合的な症状と関連しています。

 よって、単に足だけの問題ではなく、身体のどの場所に障害がおこっても、その結果として、下肢長差の原因になるのです。
 
 
 
 
 
 
 
 本院では、この悪しき下肢長差を矯正して、体を改善していきますが、視覚的に分かりやすいように施術例を、以下に示します。

 (この写真は患者さんの了解を得て載せています。○○さん、ありがとうございました。)
 
 
 
   ①
 
    
 
   少し見えづらいですが、うつ伏せの状態で、右足が短くなっています。
   (踵に線を引かせてもらいました)
 
 
 
   ②
 
    
 
   今回は、デイバーシファイド・テクニックの中のランバーロールという技術にて矯正しました。
 
 
 
   ③
 
      
 
   両足の長さが揃っています。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 〔注意事項〕

 本院では、
下肢長差をなくして、体を改善していきますが、ほとんどの人の体は、骨格的な面からみても、癖が染み付いている状態です。(慢性化状態)。

 そして、調子が悪くなった期間が、長ければ長いほど、その骨格的な癖は、強固なものです。

 つまり、一度下肢長差を矯正しても、その癖が強固な場合には、元の状態に戻りやすいと言えます。

 (癖の度合いと、矯正後の生活がかなり影響しますので、個人差がとても大きく出てきます)
 
 
 また、体が悪くなるとと、下肢長差がでますが、逆に下肢長差がでることによっても、体が悪くなります。(悪循環)
 
 

 しかし、健康な身体を保つ為には、この悪循環を断ち切り、下肢長差の無い体を定着させなければなりません。
 

 そこで、本院では患者さんと協力しながら施術を行い、体の状態を見ながら、定着化計画を進めていきます。
 
 ただ「足の長さが違うなぁ」というものではありませんので、十分に注意し、健康管理をしていきましょう。
 
 
 
 
 

 

 

 

 

 

 

 

 





































このサイトは無料ホームページ作成.comで作成されています